伊東純也の子供の頃はサッカー下手⁈父母が語る幼少期エピソード!

athlete
スポンサーリンク

サッカー日本代表のかなめとして活躍中の伊東純也さんですが、子供の頃はサッカー下手だった⁈

などというウワサが出ております。

そこで今回は伊東純也さんの昔(子供の頃)は本当にサッカーが下手だったのか?

父母が語る幼少期エピソードをもとにまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

伊東純也の(昔)子供の頃はサッカー下手だった?

下手?

それではなぜ『伊東純也の子供の頃は下手だった!』というウワサが出ているのでしょうか?

検索で「伊東純也 へ」と入力してみると、確かに”下手”というワードができます。

これは一体どういうことなのでしょうか?詳しく見ていきます。

小学校時代

小学校1年生の時にサッカーを始めました。

小学校時代は地元、横須賀のサッカーチーム鴨居SCで励んでいましたが、

特別目立つ方ではないふつうの子だったそうです。

父母が語る幼少期エピソード!

このチームのコーチを伊東純也選手のお父様が担当されていたそうで、

当時の伊東純也選手についてお父様が取材でこう語っています。

純也がサッカーを始めたのは近所の同級生がやっていたから。
足は速かったが抜群にサッカーが上手いというわけではなかった。

プロ選手にありがちなウィニング・ストーリー的な話はない。

特別ずば抜けてサッカーの技術があったわけではなさそうです。

また当時の伊東選手は身長も低く、クラスで前から3番目以内ばかりで偏食も多かったそうです。

お父様もまさか自分の息子がサッカー選手になるなんて想像もしなかったそうですよ!

中学校時代

中学1年で横浜F・マリノスJrユースの入団テストを受けるも不合格。

 W杯に初めて挑むMF伊東純也選手が中学時代に所属していたクラブチームが「横須賀シーガルズジュニアユース」。

伊東選手は、入団直後からスピードを生かすため、コーン標識の間を全速力でジグザグにドリブルする練習を重ねた。

走力は群を抜き、上級生に交じって試合に出ていたが、まだこの時は体が小さく、シュートの威力や精度が低かったという。

試合前にはアイスクリームしか食べてこない、、

そんな食には無頓着な子供だった

スポンサーリンク

伊東純也の子供の頃の足の速さはピカイチだった!

伊東純也がヴァンフォーレ甲府のスカウトにより才能開花

伊東純也が神奈川大1年時(2011年)に関東大学リーグに初出場した“あの”流通経済大戦で、

メチャクチャ速い選手がいるな!

とヴァンフォーレ甲府のスカウトを務める森淳さんの目に留まることになるのです。

スポンサーリンク

まとめ

伊東純也の子供の頃はサッカー下手⁈父母が語る幼少期エピソード!というテーマでまとめて参りましたが、

下手だったわけではないようですね!

サッカーの技術は目立つ方ではなかったが、”子供の頃から俊足”という才能は備わっていたわけですね。

下手というより遅咲きな選手ということでしょうか?

伊東純也が“性加害”疑惑で利用したホテルはリーガロイヤル⁈に興味のある方はこちらをどうぞ!

伊東純也の”おくさん”は幼稚園の先生で高校のマネージャーか⁈に興味のある方はこちらをどうぞ!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次